税理士通信教育ランキング

財務諸表論 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 財務諸表論の出題範囲と傾向

財務諸表論は、財務諸表に関する理論や、具体的な作成手続きについて出題されます。
企業が経済活動を行うにあたって、株主など利害関係がある人たちに対して経済活動の状況を報告する義務があります。
この経済活動の状況報告に使われるツールが、損益計算書、貸借対照表など、財務諸表と呼ばれるものです。
財務諸表論は、簿記論と並び、税理士試験の必須科目です。

 

 

財務諸表論の出題内容
日商簿記2級程度の知識が必要です。
理論に関する論述問題と、計算問題が出題されます。
理論問題については、企業会計の実践規範である企業会計原則をはじめとする諸規則および、その周辺知識を問われます。
計算問題については、商法計算書類規則、財務諸表等規則に従った財務諸表の作成が中心となります。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ