税理士通信教育ランキング

酒税法 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 酒税法の出題範囲と傾向

酒税は、アルコール1度以上の飲料に対して課税される国税です。
酒造メーカーが工場から出荷した段階で課税されます。

 

ボリュームが最も少なく、合格しやすい科目です。また、簿記の知識が必要ないので、早い時期に取り組むにはいい科目です。ただ、実務で活用する機会は少ないのがちょっと残念なところです。

 

酒税法の出題内容
「酒税法」「酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達」「その他の関連諸法令」から出題されます。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ