税理士通信教育ランキング

相続税法 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 相続税法の出題範囲と傾向

相続税法は、相続税と贈与税について定めたものです。

 

相続税は、人が死亡したときに、その人が残した財産を引き継いだときに課される税金です。
贈与税は、人が財産を贈与し、その財産を受け取った場合に課される税金です。
相続税法には、簿記の知識は必要ありません。
広範囲な知識が要求されるため、かなりの難関科目です。

 

相続税法の出題内容
理論問題は、相続税と贈与税の規定に関する問題、簡単な応用問題、相続税独特の規定に関する問題などが出題されます。
計算問題は、相続人の判定から、各相続人の課税価格、納付税額などを求める問題などが出題されます。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ