税理士通信教育ランキング

消費税法 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 消費税法の出題範囲と傾向

消費税は、ほぼすべての国内における商品の販売、サービスの提供及び保税地域から引き取られる外国貨物をに課税される税金です。個人法人問わず、所得の有無に関わらず、事業者の収入に対してかかります。
税理士の実務の中でも、消費税の知識は必須です。
そのため、受験者数が特に多い科目でもあります。

 

消費税法の出題内容
消費税全般に関する内容が出題されます。
理論は事例形式、個別問題を複合した応用問題、計算問題は課税標準から納付税額の算出までが問われます。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ