税理士通信教育ランキング

固定資産税 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 固定資産税の出題範囲と傾向

固定資産税法は、固定資産に対して市町村が課税する、市町村税のなかのひとつです。
固定資産とは、土地(田、畑、宅地など)、家屋(一戸建て住宅、マンションなど)、償却資産(器具備品、機械装置など)を指します。
固定資産税は、土地や家屋に係るものと、償却資産に係るものでは、性格が大きく違いますので、どちらの知識も必要になります。
固定資産税には、簿記の知識は必要ありません。

 

固定資産税の出題内容
地方税法の「総則」「固定資産税」「その他の関係法令」から出題されます。
固定資産税に関する基本項目が中心となります。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ