税理士通信教育ランキング

国税徴収法 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 国税徴収法の出題範囲と傾向

国税徴収法は、国税その他の滞納があった場合の、強制徴収に関する手続き等を規定している法律です。
滞納が合った場合の差し押さえなどの手続きや、滞納処分を受ける納税者の救済手続きなどについて規定されています。

 

国税徴収法の出題内容
理論問題と計算問題が出題されます。計算問題も理論問題に近い内容ですので、実質的には理論問題のみが出題されるといっていいでしょう。そのため、計算が苦手な受験者に人気のある科目です。
滞納処分(差押、交付請求)、保全措置、緩和措置などについて出題されています。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ