税理士通信教育ランキング

住民税 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 住民税法の出題範囲と傾向

住民税は、都道府県や市町村などが行う行政サービスにかかる経費を、住民が負担するという性格をもった税金です。
住民税は、都道府県が課税する道府県民税と、市区町村が課税する市町村民税の総称です。
税理士の実務上でも、重要な税のひとつです。
生活に密着した税のため、親しみやすく学習にも取り組みやすい科目です。

 

住民税法の出題内容
地方税法の「総則」「道府県民税(都民税も含む)」「市町村民税(区民税も含む)」「その他の関係法令」から出題されます。
理論問題は、「特別徴収」「個人申告義務」「所得割の課税標準」「退職所得」「非課税」「納税義務者」「法人税割の課税標準」「法人の均等割」「法人の申告納付」などから出題されます。
計算問題は、「非課税」「所得割の調整」「譲渡した場合の税額計算」「所得控除」「平均課税」などから出題されます。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ