税理士通信教育ランキング

事業税 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 事業税法の出題範囲と傾向

事業税は、法人、個人を問わず、事業活動に課税されるものです。法人の事業活動に対して課される法人事業税と、個人が行う事業に対して課される個人事業税から構成されています。
特に、法人事業税は、税理士が納税者に代わって申告するケースが多いので、実務上でも特に重要な知識とされています。
いずれも、地方税法のひとつです。
法人税法と関連が深いので、両者をセットで学習すると、理解も深まります。

 

事業税法の出題内容
地方税法の「総則」「事業税」「その他の関係法令」から出題されます。
事例形式の総合理論や個別問題が出題されます。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ