税理士通信教育ランキング

法人税法 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 法人税法の出題範囲と傾向

法人税は、法人が得た所得に対して課される国税です。
法人税は、法人に関わるもっとも重要な国税であるため、税理士試験では必須科目となっています。
税理士の実務上でも、もっとも重要で、関わる機会の多い国税です。
そのため、税理士試験の科目の中では最もボリュームがある科目です。

 

 

法人税法の出題内容
必須科目である簿記論と財務諸表論の知識が問われます。
理論問題は、法人税法の規定に関するもの、与えられたテーマに関する規定、具体的な事例に関する問題などが出題されています。
計算問題は、所得金額の明細書の作成、法人税額の明細書、利益積立金の明細書の作成が中心となります。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ