税理士通信教育ランキング

簿記論 試験内容とポイント | 税理士通信教育ランキング

税理士試験 簿記論の出題範囲と傾向

簿記論は、税理士試験の必須科目です。税理士業務のベースとなる、簿記に関する内容が主題されます。
そのため、税理士試験の勉強は簿記論から始めることになります。
複式簿記の原理に従って、会計帳簿に記入する方法を学びます。

 

簿記論の内容
簿記論の出題範囲は広く、商業簿記、工業簿記の双方について出題されます。
すべて計算問題で出題されます。

 

日商簿記3級、2級程度の知識があれば十分合格できます。

 

企業のお金のやりくりを、会計帳簿に記入、集計して、試算表、損益計算書、貸借対照表を作成する問題が出題されます。
簿記の知識が総合的に問われます。

 

出題量もボリュームがあるので、いかに早く、ひとつひとつの問題を解けるかが、合格するためのポイントとなります。

 

 

最短合格を目指すなら、実績のある通信講座で!税理士通信講座ランキングはこちら >>>


ホーム RSS購読 サイトマップ